福岡

【福岡県】怡土城 中国式山城 高祖城 戦国山城1粒で3粒楽しめる 戦国編

基本情報

 形態:山城 (怡土城:中国式山城 高祖山:戦国山城)
 史跡指定:国の指定史跡
 標高:416m
 城の整備:登山道あり 高祖神社→高祖城ルートは、急登覚悟
 所要時:1周すると4時間ぐらい掛かります
 訪問日:2023.3

駐車場 アクセス

高祖神社の駐車場を使うことが出来ます。トイレも完備。しかしこの場合は、高祖神社→高祖城を目指すことになりますが、かなりきつい登山となるため、体力を消耗します。

ロープ場あります。ですので、時間に余裕があれば、

老松神社(高来寺)に数台停め、第五望楼側から登った方が楽しく登ることが出来ます。

地質 周辺環境

引用元:産総研地質調査総合センター,20万分の1日本シームレス地質図V2(地質図更新日:2022年3月11日) より山城渡りQが加筆・修正したものである (スマホで拡大可能)

地図を見ると、この怡土城の立地が博多湾を見張るのに、ちょうど良い見晴らしの良い山城ということが分かります。他にも戦国期の立花山城もとても良いの場所です。

怡土城は花崗岩質、立花山城は花崗閃緑岩です。ですので、トンガッタ感じの山ということになります。花崗岩は劣化しやすく、マサ土も多くあります。

分岐点 いよいよ戦国ルートが始まる 

ここが一つの分岐点です。ここからガラッと雰囲気が変わります。実際、戦国時代の再活用もこの辺りからではないでしょうか。

戦国 城域に入る

突然、現れる切通群

分岐点を越えるとまず、このような切通道が現れます。今までと全く雰囲気が違います。よく見る戦国山城での雰囲気です。

土塁 見張り台? 3

そんな戦国臭がする中でも、前半部で紹介しました「土塁 見張り台?」があります。

そのままルートを外れ列石に沿って、進みます。

円形砦跡?

丘の上に看板が立っていますが、この場所は、突き出た「第一望楼」の首元にあたります。ちょっとした段も確認できます。

一方には、堀切もあります。ここは砦跡ではないでしょうか。

第一望楼

ルートから突き出た場所にあります。展望も良く、博多湾が良く見えますし、まさに第一望楼と言う感じがします。

山の文字

両側堀切

ここを見たときに、

山城Q
山城Q

いつもの感じ

と感じました。しかも、しっかり作られている。ここら辺から「高祖城」の城域に入ると感じました。

奇岩 花崗立岩 巨神兵化石(?)

高祖城 下ノ城

高祖城の下ノ城に到着。googleMAPでは、この「下ノ城」と「上ノ城」の位置が微妙にずれていますので注意が必要。ここで休憩が出来ます。

道順としては、高祖神社側からの登ってきた際の分岐となります。

広い曲輪があります。先端に行くと、さっき通ってきた通路が下に丸見えでした。狙い撃ちにされますね。

もう一つの望楼?

ここに楚石があります。この規模でしたら、もしかしたら、ここにも望楼があったのかもしれません。場所的には、やや内陸部になりますが。

脇の道をそれて、上ノ城へ

強烈な存在感 大老木

この木を見たとき、ちょっと怖かったです。相当年季が入った老木に見えます。この穴といい腐っている部分と言い、山城巡りをしている時の個人的な楽しみは、こういった巨木に出会えることです。この木は、周辺とは明らかに異質。すごい。

高祖城 上ノ城

石垣

主郭部への途中の平坦地にあります。石垣と言ってもこの程度でしょう。

主郭部

ようやく山頂に到着。振り返ると絶景が!方向的には、福岡県西区の方面でしょう。すぐそこにあるように見えます。

至る所にこのような瓦の破片が転がっています。これは、ここにあった施設は瓦葺の屋根だったということだと思います。ここは、かなりの高所なので運ぶのたいへんだったと思います。

虎口

眺望

標高500M級ですので、遠くまでよく見渡せます。

昼食 

本日は、登山スタイルですので、昼食持参。ガッツリ食べる方もいますが、私は行動食程度です。おにぎりを車内に忘れるという痛恨のミスを犯しましたが。本来ならカップラーメンミニの残り汁に、白おにぎりを入れて食べるのが

山城Q
山城Q

サイコー

なんですけど。

一ノ坂 礎石群

そして、分岐から急な下り坂を下って来ました。あれを逆に登るのはかなりの体力の消耗が予想されます。できれば、私が来た「高来寺ルート」をお勧めします。

気づき 

今回、4時間を掛けて一周しました。事前調査通りのタイムでしたが、ちょうど良い登山で、このブログのテーマとしている

を感じることが出来る素晴らしい山城でした。個人的な感想としては「見張り台1」が最も重要なポイントだと思えます。

合わせて訪問したい 伊都国歴史博物館

怡土国の情報や、周辺の情報をしっかり確認して登城すれば、いかにこの地域が大陸の文明を取り入れていた「先端地区」だったかが分かります。入場料も安く30分もあれば十分見られますので、お勧めします。

コメント