香川

【香川県】星ケ城 名勝「寒霞渓」と諸説ありの謎の遺跡 

基本情報

 形態:山城 
 史跡指定:県指定史跡
 標高:817m
 城の整備:登山道あり 
 所要時間:2時間
 訪問日:2020.03

引用元:国土地理院ウェブサイト(当該ページ)を当ブログ管理者Qさんが加筆修正したものである(スマホで拡大可能)

駐車場 アクセス

「日本三大渓谷美」の一つ「国立公園 寒霞渓」ロープウェイ駐車場があります。

地質 環境

分かりやすい地質です。山頂に「讃岐岩質安山岩」が乗っかっており、その下は「角礫凝灰岩」、下層の基盤は「花崗岩」から出来ております。お隣の皇踏山城と似た感じです。

鳥瞰図 縄張り図

西の皇踏山城での第一印象で完全に消化不良に陥り、頭がパニックなりながら、お隣の星ケ城に移動する。しかも、我が愛車MINIのガソリンメーターは、坂道になると量が少なく表示されるらしく、ガス欠に怯えながらの移動でさらにパニック。

途中、このような綺麗な山桜をしっかりと鑑賞できる余裕はない。焦っている。

島なのでそんなにたくさんガソリンスタンドはないし。なんとか、残量少な目で、「国立公園 寒霞渓」ロープウェイ駐車場に到着。楽しそうな家族やカップルを横目に、ハイキングを開始。いきなりやや登りから始まる。

実は、今回の小豆島訪問の目的は、この星ケ城に行くためでした。なんと言っても、城名に「星」が入る城ってあまり聞いたことがなく。

山城Q
山城Q

なんてメルヘンな名前だ

しかも、何やら謎の遺跡がある様子。これは見てみたいと。

星ケ城神社

星ケ城神社までは、割とアップダウンがりますが、道は下のような感じで歩きやすい。逆に、街服のカップルともすれ違ったりします。

遠望

城域に入る

空堀

それほど技巧的ではありません

鍛冶場跡

井戸跡

山城としては、極普通なかんじですが、見たかったのは、次です。

謎の遺跡

山城Q
山城Q

あれは、なんだ!

逆光で全く分からない。なんという不気味なシルエット!

山城遺跡とは無関係らしいが

これは、気になりますね~。なんだこれは。

安山岩を丁寧に重ねて作っている。一部では、烽火台とかそんな記述も見かけますが、何か宗教的な雰囲気。たぶんあれですね。パゴタ。ビルマ(ミャンマー)様式の仏塔に似ています。パゴタならあちこちにありますよね。ま、これは城郭とは無関係だと思います。

しかし、ほぼ、これを直に見に来たようなものです。

遠望

この遠望を見ても、この場所が「星ケ城」というメルヘンな名前も納得できます。見晴らしが素敵です。

気付き

それにしても、この星ケ城の造りこそは単純ですが、戦国よりも古い城のような気もします。となると逆に、皇踏山城の異様さは際立ちます。2024年時点で管理人としての皇踏山城の価値は理解したつもりですが、この両城は全く作り方が違います。

小豆島という島の二つの山城。なのに、皇踏山城は、直線的な大規模切岸と空堀を備えた戦国の山城のような気もします。誰が作ったのか。小豆島は謎がいっぱいです。

大阪城残石資料館

この日は、時間の関係で、東海岸にある残石街道に行くことが出来ませんでしたが、ここにもあります。これだけ、花崗岩が多ければ、良質な石材を確保できますよね。やっぱり、小豆島は「石垣の島」

コメント