石川

【石川県】七尾城 その2 七尾城の裏側ってどうなってるの??

基本情報

 形態:山城
 史跡指定:国指定史跡
 標高:305m
 城の整備:駐車場 登城道
 所要時間:1時間
 訪問日:2012年5月

駐車場 アクセス

山城Q
山城Q

マンション裏山にある七尾城

せっかく地元に住んでいるのだから、くまなく見てみようと思いました。縄張り図をみていると、
気になる地名が

現地の案内看板をブログ管理者のQさんが加筆修正

良く見る七尾城の訪問ルートの地図。その中に、

「古府城平支群」

という謎の地名に気が付く。古い城ではもあるのだろうか?そこで、

山城Q
山城Q

いっちょう、いってみっか~

城域に入る

ちょっと降りてみる

いつもの表玄関的石垣群。いつきても素晴らしい美しさです。

岩石については、前回を参照

ここは、誰もが写真を撮る有名な撮影スポット

そして、進みます

桜馬場までやって来ました。えーと場所は、

山城Q
山城Q

確かここですよね

現地の案内看板をブログ管理者の久さんが加筆修正

ちょっと、くぼみになってて、かつての通路のよう。

下を覗くと、、、結構、高いなあ!でも、木があるし降りられないこともない。なんせ、こちらは、

山城Q
山城Q

登山の完全装備

ピッケル持参!!!ひっかけながら下ります。いや~、クマや猪対策で、危険な山は持参しています
いざという時は、武器にもなります。安心感が違います。

山城Q
山城Q

よし、降りていこう

すると、早速発見!!

ふと、右側に目をやると

山城Q
山城Q

こんなところに石垣があるやん

この場所!しかも、ここは案内看板には記載されていない。良く見てみると、表の石垣群とは積み方が微妙に違います。野面積みだけど、使われている石がより統一性がないというか。古い!これは、完全に当時のモノなのではないでしょうか。

山城Q
山城Q

現場に行けば、必ず発見がある(MOTTO)

お名残り惜しいですが、下に降りるという使命があるので、下っていきます

ん!?この地層は、火山灰か火砕流??コールドロンの名残りかなとおもいつつ

山城Q
山城Q

うお!!!!!

いてーーーーーー

全く、油断しました。同化して見えなかった。下った瞬間、この木の先がでん部に刺さる。ほんまに痛い。ズボンが破ける。。。

古府城平支群に着く

痛い。でん部を抑えながら、なんとか古府城平支群につきました。

確かに地図の通りに、平坦地があります。簡単な石垣もありますね

曲輪内部に入ると、ここにも地図通りに、右手の土塁があります

西の丸の切岸というか崖は高いですね

さらに下ります。

石垣付き曲輪を確認

低いながらも石垣があります

この小石は投石用でしょうか。異常にたくさんあります。普通、こんなに放置はしません。

門跡??

さらに下ると、ちょうど冠木門程度があっても良いぐらいの空間がありました。意外にシダ類が多く生えており、ガサガサと動物の気配がするのでここまでですね。

山城Q
山城Q

ということで、桜馬場まで戻って来ました

今回、思い切って下った結果、思わず石垣を発見しました。2021年時点では、あまり知られていないと思います。表玄関の石垣群とは雰囲気が違うので、見てみるのもおススメです

日本五大山城のひとつ

コメント